田中建築|奈良県山辺郡山添村にある建築会社です。新築・増改築・リフォームなら田中建築にお任せ下さい。

田中建築

HOME

事業内容

お知らせ

その他

QRコード

 

田中建築

〒630-2354
奈良県山辺郡山添村広瀬412
TEL:0743-85-0846
FAX:0743-85-0863

 

get_adobe_reader

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、「Adobe Reader」がインストールされている必要があります。上のボタンをクリックするとダウンロードできます。

 

HOME»  耐震補強

耐震補強

もしもの時のために耐震診断・耐震補強を!

もしもの時のために耐震診断・耐震補強を!

 

1995年(平成7年)1月17日(火)に発生した阪神・淡路大震災の教訓をもとに、同年12月25日に「建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)」が施行されました。

この中では現在の新耐震基準を満たさない建築物について、積極的に「耐震診断」や改修を進めることとされています。

 

耐震診断の対象

耐震診断の対象となる家屋は、以下の全てに該当するものとなります。

■木造在来工法2階建て以下の家屋であること
枠組壁工法(2×4住宅)、鉄骨造、コンクリート造、混構造(木造とその他の構造の混在)、伝統工法、3階建て以上の物件の耐震診断は受けることができません。

■持ち家であること
借家の物件の耐震診断は対象外になります。

■昭和25年以降、平成12年5月までに着工された家屋であること
平成12年6月に建築基準法が現在のものに改正され、耐震に関する基準が強化されました。その後に建築された家屋は、基本的に改正後の建築基準法に則って建てられているため、耐震診断は行っておりません。

 

「部分補強」という選択肢

「部分補強」という選択肢

 

耐震診断の結果、住宅の耐震性が不十分な場合、耐震改修工事を行い耐震性能を高める必要があります。
…ですが実際に必要な工事内容の見積もりをした場合、何百万という高額な結果が出て驚いてしまい、施工に二の足を踏んでいるケースも多く見られます。

そのようなお客様に向けて田中建築では「部分補強」をおすすめしております。
独自のノウハウにより、お客様にとって本当の意味での「最適な補強方法」をご提案。
工事金額が高額・複雑になってしまう耐震化において、ご予算に合わせてお客様のお住まいに本当に必要な工事を実現可能としております。

どのようなことでも結構です。まずはお気軽にご相談下さいませ。

 

施工事例

当社で実際に施工した事例をご紹介。
一口に「補強」と言っても様々な対応方法があります。

お客様のお住まいの状態やご予算などに応じて、最適なプランをご提案いたします。

 

施工事例

【施工中1】
既設基礎と土間を鉄筋にて繋ぎ基礎補強をします。

 

施工事例

【施工中2】
コンクリートを流し込み基礎と土間を一体化します。
鉄筋13ミリを200角に組んでいます。
 

 

施工事例

【完成】
床 杉板張り天井木目化粧板張り 壁ジュラク壁仕上げ、建具床板などは既設のままです。

 

 

 

 

 

施工事例

【施工中】
壁筋違補強 洗面所に壁厚収納を取り付けします。
 

 

 

 

 

お問い合わせ

お見積り・お問い合わせ お住まいの新築、リフォーム、耐震補強…なんでもご相談下さい!